朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

相手が迷う気持ちをできるだけ排除することの大切さ

  朝礼ネタ4779  2021/08/25  1088 PV 心理・メンタルビジネス

ビジネスで成功するためには、顧客に対して迷う瞬間を与えてはいけません。
できるだけそういった機会を少なくする、そういう意識がどうしても必要と言えます。

顧客が迷う回数、時間が多くなると、最終的に特定の商品やサービスを購入、利用してもらえる確率が下がります。
迷うということは、何らかの懸念を感じている面が少なからずあることを意味し、その結果「やめておこうか?」と考えてしまうかもしれないのです。
だからこそ、営業などを担当する人間は、相手に迷いの感情を与えないように努力をしていくべきです。

そして、実際に相手に迷いの感情を生じさせないためには、説明そのものに気を遣っていくべきと言えます。
何かしら疑問を生んでしまいそうな、気になる点が見つかりそうな状況を排除し、聞いている相手が「なるほど」と常に思い続けられるような話をしていかないといけません。

一切の迷いの感情を排除することは厳しいでしょうけど、相手からの質問などに対してもきちんと丁寧に、分かりやすく回答することで、この部分はできるだけ小さくできるはずです。
迷いの感情が小さくなれば、結果的に信頼が生まれている状況と言え、「やめておこうか?」と考える余地も小さくなるでしょう。
私は実際に顧客を相手にしていくときには、相手方の心理をきちんと分析して、そのうえで自社の製品やサービスに対する信頼性の向上、迷いの気持ちの排除という点を徹底していきたいと考えています。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題