朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

東郷平八郎が教える現場主義の大切さ

  朝礼ネタ4583  2021/02/08  552 PV 尊敬する人経営自己啓発

東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊は、
日露戦争・日本海海戦で大国ロシアのバルチック艦隊に、
世界の戦史的に見ても稀に見る完全勝利を果たしました。

その勝因の一つは、事前の猛訓練による将兵の士気と練度の高さでした。
それは例えば、通常訓練では1年分以上の砲弾数を、
たった10日間で使い切ったほどのものでした。

昼夜の別ないその激しい訓練に、司令長官である東郷自身が、
単なる一時の視察ではなく、ずっと立ち会っていたといいます。
数多の歴代連合艦隊司令長官のうち、
麾下将兵の訓練にここまで随行した長官は他にはいませんでした。

異例とも言えるこの東郷の行動には目的がありました。
彼は、実際の戦場となる海上における、
主力艦の砲撃命中精度とそれに深く関係する艦船同士の距離感を、
体感会得しようとしていました。
そしてその精密正確な感覚が、
大胆不敵な敵前回頭である東郷ターンを成功させました。

東郷ターンは、敵艦隊群の進路を塞ぐように自艦隊の戦列を進めるT字戦法の一つで、
その難しさはターンのタイミングでした。
ターン開始が早いと敵の前を生き過ぎてしまい、
遅いと敵艦隊列とぶつかってしまいます。
さらに自軍艦船の砲撃精度が最も良い距離を保つようにターンするには、
単なる計算ではない、勘ともいえる感覚が必須でたったのです。

現場で働く人たちの能力を高めることはもちろん大前提ですが、
その現場に即した明確的確な支持命令を上司が出すためには、
現場を熟知しておくことが不可欠だと、東郷は教えてくれています。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題