朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

こんにちのゴルフクラブができるまでの変遷

  朝礼ネタ4366  2021/01/02  8 PV スポーツ商品・サービス

現在の日本は健康が流行になっており、多くの人がスポーツに親しんでいます。
スポーツの中で、老若男女を問わずにできるのが「ゴルフ」です。

ゴルフの発祥には諸説がありますが、有力なのは12世紀にイギリスのスコットランドで始まったという説です。
スコットランドの羊飼いが羊を追うための杖で小石を転がし、ウサギの巣穴に入れて遊んでいたのが始まり、というものです。

最初の頃のゴルフクラブは、ただボールを真っ直ぐに転がすためのものであり、形はホッケーのスティックに近い平たいものでした。

その後、クラブヘッドが丸く大きくなっていきます。
その理由は、ゴルフコースの距離が次第に長くなり、ボールを遠くへ飛ばす必要が出てきたためです。

そして、スイングもホッケーのような腕を平行にして前へ振るのではなく、遠心力を利用するように、片や腰の回転が採り入れられるようになります。

クラブも大きく様変わりし、シャフトとヘッドが違った材料で作られるようになります。
ヘッドはパーシモンのような硬い木、シャフトはヒッコリーのような衝撃に強い木が主流になります。

1900年代に入ると、工業の発展にともなってアイアンヘッドが普及します。
さらに、ゴルフクラブに革命をもたらしたのがスチールシャフトの開発です。
スチールシャフトはスイングを飛躍的に改善させました。

従来のヒッコリーのような木のシャフトは、スイングをするとねじれが起きるため、ボールの方向が一定しませんでした。
当然、木ですから折れることも少なくありません。

ゴルフクラブは年月とともに進歩し、現在ではチタンのヘッドに、カーボンのシャフトが使われるようになっています。

広告
16年間延べ12万人の統計データをもとに体系化した「性格統計学」ベースの 「伝え方コミュニケーション検定」 です。

自分ではしっかり伝えているつもりなのに、なぜか相手にわかってもらえない、 そんな経験はありませんか?

コミュニケーション能力は就職や転職で有利になるだけではなく、家庭やプライベートでも生涯役に立つ汎用的なスキルです。 コロナ禍だからこそ、新しいことを始めてみませんか。