朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

江の島のヨットハーバーに私が迫ってみたよ

  朝礼ネタ4624  2021/03/21  59 PV スポーツ

1964年の東京オリンピック開催を機に江の島に日本初の競技用ハーバーができました。メインであるヨットハウス、クルーザーヨットの泊地などの施設があってヨットマンで賑わっているのです。

一般の人はヨットハウスの横にあるセンタープロムナードを散策するなど、サザエ島登りやタイドプールでの塩遊びを楽しむことができます。

ちなみにこのハーバーは日本最大級で年に100回以上のヨットレースが行われ、国内そして国際大会問わずいろんなものが開催されているのです。

しかもヨットレースだけではなくて景色や釣りなどを楽しめるレジャースポットとしても知られており、レンタサイクルで周りをぐるりと巡るのもいいかもしれません。

江の島には駐車場もある一方、台数に限りがあって交通機関を使ったほうがいいでしょう。

東京からのアクセスに関しては各交通機関によって多少なりともばらつきがあるものの、1時間ほどで行くことができます。

2015年には2回目の東京オリンピックでセーリング会場となることが決定し、2020年1月に記念のモニュメントが建てられたのです。

ちなみに以前のハーバーの姿は東浦という磯になり、サザエやアワビそれに伊勢海老が豊富に水揚げされる漁場となっていました。

その漁場は1964年の東京オリンピックのヨット競技で使用することが決まると沖合を鉄板で囲み、海水を抜いてハーバーを建設したのです。

結果的に磯は干上がり、サザエやアワビなどの生物は死に絶えてコンクリートの下に埋まってしまいました。

ちなみに現在のハーバー裏手の聖天公園の片隅に岩があるものの、これはかつて島でした。

最後にハーバー建設にあたっては海に所有権がなく、1964年の東京オリンピックの盛り上がりの陰で東浦の漁民の中には江の島を出ていった人たちもいました。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題