「思いやり」と「しあわせ」の日

  • 追加
  • 3月3日が女の子の節句、5月5日が男の子の節句であり、この日の中間の日と言うこともあって、4月4日は、以前は「オカマの日」と言われました。
    しかし、近年は「オカマ」は差別用語として使われなくなり、「トランスジェンダーの日」と呼ばれています。

    私たちが子ども頃はオカマ、オナベ、レズ、ホモ、などはどちらかと言うと、からかいの対象でした。
    しかし、近年はメディアでも多く取り上げられているように、
    彼ら彼女らは「性同一性障害」という病をかかえ、子どものころから苦労をたくさんしてきた人たちなんですよね。
    そして、今現在、私たちの身の回りにも、実はそのことを打ち明けられずに苦労をしている人が必ずいるはずなんです。

    そんな人たちや性の多様性について、深く考えさせられる日ですね。
    人の苦労・心配事に親身になって考えられること、それがすなわち「思いやり」なのだと思います。

    今日はまず一つめ、「思いやり」をもって人に接することができるようにしていきたいと思います。

    4月4日にはもう一つあって、「しあわせの日」とも呼ばれます。4(し)と4(し)を合わせる日なので、「4(し)合わせの日」。

    ダジャレのようですが、3月3日が耳の日であったりしますよね。
    日本人はこのように言葉遊びをして、毎日を楽しんでいくのが得意な民族なようです。
    実は今日のこの日、非常に縁起が良いとされていて、結婚式場は予約が取りにくいのだそうです。

    今日も一日、いろんな人との関わりや「思いやり」についてしっかりと考えていき、かつ、一日を「しあわせ」に過ごせるように楽しんでいきたいと思います。
    皆さんも頑張りましょう!

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク