名古屋の地下鉄に乗ってみました。

  • 追加
  • 私は先日、所用で名古屋に行ってきました。

    用事が思った以上にスムーズに進み、予定より早く終わったので帰りの時間まで何をしようか悩みましたが、「名古屋にはどの駅から乗っても必ず元の駅に戻ってくる完全環状型の地下鉄がある」というので、それに乗ってみることにしてみました。
    環状型の鉄道というと、東京の「山手線」や大阪の「環状線」が有名ですが、名古屋市営地下鉄の「名城線」というのが地下鉄では日本初の完全環状形の地下鉄なんだそうです。

    私はその「名城線」に名古屋の中心街である「栄」という駅から乗ってみました。
    地下鉄ですから外の景色を見ることはできませんでしたが、いろいろ面白い発見が出来ました。

    まず進行方向を表す呼び名ですが、一般的には「上り」「下り」という呼び方だったり山手線などでは「外回り」「内回り」という呼び方をしますが、名城線の場合は「右回り」「左回り」という独特の呼び方をします。英語表記も独特で「Clockwise」(時計回り)「Counterclockwise」(反時計回り)というんだそうです。国際的にはこれの方が合っているかも知れませんね。

    駅の名前で面白いなと思ったのは「ナゴヤドーム前 矢田」という何だか子どもが駄々をこねているような名前の駅とか、名古屋なのに「自由ヶ丘」という東京と全く同じ名前の駅があったりして面白かったです。
    所要時間は1時間ほどで一周してきました。東京の山手線と同じくらいですね。

    名古屋の地下鉄独特のものとしては、発車する時どの駅でも必ず「ポロロ、ポロロ、ポロロ」という音がします。これは名古屋市営地下鉄のほぼすべての駅で使われている発車のサインを示す音なんだそうです。ですからよその土地から来た人、特に久々に名古屋に来た人なんかはこの音を聞くと「名古屋に来たんだなあ」と思うんだそうです。

    皆さんも地方都市を旅行する機会が合ったら、その土地の独特の交通機関を利用してみてはいかがでしょうか?地下鉄だけでなく路面電車やモノレールなどがありますが、その土地の「雰囲気」を楽しむことが出来ると思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!