日本で学力のある人のなる職業

  • 追加
  • 介護ビジネスがやたらに将来性がある国といわれて多くのそれ関連の事業が勃興し、それ関連でお金もうけをした人も多い日本ですが、少子高齢化と介護ビジネスがやたらと有望だといわれている国というのはなんだか未来がないような気がします。

    私たちは明るい未来にするために明日を夢見て生活することで生きていけるものだと多くの人たちは学校で教わってきたはずです。

    しかし、高校生の人気のバロメーターである大学偏差値ランキングに目をやれば、そこには東京の大学だろうと地方の大学だろうと国公立大学だろうと私立大学だろうと医学部に人気が集中しているようなのです。

    確かに国公立大学ならば医学部薬学部などは私立大学と比べるとその費用はべらぼうに安くなるので、コストパフォーマンスを考えると偏差値は高くなるのはわかります。しかし、実際の偏差値は地方の私立大学でも医学部ならばどこでもそれなりに高いのです。

    もし、日本という国に将来性があると多くの若者たちが考えているのならば、医学部だけはなくそれなりに偏差値はばらけるのでしょうがそのような兆しはなく、とりあえず勉強ができるのならばとりあえず国公立医学部を目指すというのがセオリーになっているようです。

    このように日本では多くの学力の高い生徒が医学部に行き医師になってしまうので、アメリカのグーグルやアップル、アマゾンといったイノベーションをもたらす企業が日本から出てこなくなっている一因がそこにあるのかもしれないと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!