朝食と仕事の関係

  • 追加
  • 私は毎日朝食を欠かさず食べるようにしています。学生の頃は生活が不規則な時期もあり、朝食を食べないこともありましたが、朝にしっかりと食べることで、食事量の偏りが少なくなった気がします。また、日中の集中力は増したように感じますし、パフォーマンスも自己評価ですが、少々向上した気がします。特に、エンジンがかかるのに時間を要していた午前中を有効に活用できるようになったと感じています。

    農林水産省は、朝食を習慣にするメリットとして4点ほど挙げています。1つ目は食事の栄養バランスが良くなること、2つ目は生活リズムが整ってくること、3つ目はイライラが減ったりなどストレスが少なくなること、4つ目は学力や体力のパフォーマンスが向上することです。以上4点をエビデンスとして食育が推進されているようですが、このことを考えると、社会人には特に朝食をとるメリットが多くあるのではと思います。

    例えば、仕事のスケジュールの影響でランチや夕食をきちんととれない日も、朝食をとっていれば1日の栄養バランスは朝食をとらない場合と比べると少しは改善されるでしょう。また、生活リズムが整えられることで、朝から集中して業務に取り組むことができると思いますし、ストレスが軽減されることで、業務パフォーマンスはもちろん、職場の人間関係も円滑になるのではと思います。

    現代は、限られた時間の中で高い業務パフォーマンスを発揮することが求められていると思います。時間を有効に使い充実した日々を送るためにも、毎日朝食をきちんととり、健康的な1日をスタートさせることが重要なのではと思います。そして、良い仕事ができるようになればと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!