コロナで変わった旅行の考え方

  • 追加
  • 世間では、若い世代は旅行しないイメージですが、JTB調べで実は旅行しているというアンケート結果があります。20~24歳はスマホ世代で親がバブル世代、特にこの世代の女性は海外旅行に行き、国内も旅行しています。withコロナ時代、旅行再開のきっかけとして、女性はコロナそのものの課題もありますが、気分が大きく関わってきます。男性は行政の対応によります。今は世間体が悪いと感じていて、旅行先の正しい情報が足りない状況と言われています。

    60代以上の世代は、このコロナでテレワークを体験していないため、旅行はデジタルでも良いと感じています。逆に若い世代はテレワークやオンラインセミナー、飲み会、授業を体験し、買い物もネットショッピングで済ませられる世代ですが、直接コミュニケーションを取ることの大切さを改めて感じたため、国内旅行に行きたいと意識する若い人が増えています。

    オンライン旅行は、知的好奇心を満たしてくれる、非常事態だからできる特別感があります。そして時代背景にハマっている満足感もあります。今後、テレワークからワーク&バケーションへと、新しい働き方、新しい旅行へと変わっていきます。自己責任の意識が薄い日本人ですが、今後は旅行者にも責任があるレスポンシブル観光となるため、マナーにも気を付けて旅行していくことになります。またオンライン旅行をすることにより、色眼鏡が増えてしまっています。旅先でハプニングが起こる、そのことが学びであり、旅の醍醐味、いろんなことに出会って適応することが楽しいのですが、バーチャル旅行では想定外のことが起こりません。

    旅行のハードルが上がっているからこそ、遠くでなくてもよい、道端に咲く花を見ても、大自然の美しさに気づくことができます。今は観光の旅行より、知り合いに会いに行くなど、その場所に行くことがメインでプラスα観光が良いのではないでしょうか。コロナ時代のいろんな制約から解放されるために、ぜひ旅行に行って幸せを感じて欲しいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!