歯磨き粉を見直そう、体や環境によい石鹸系の歯磨き粉

  • 追加
  • 食生活の乱れ、口呼吸、リップクリームなどのほか、唇はさまざまな原因によって、乾燥することがわかりました。

    その中でも、原因になると思ってもみなかった歯磨き粉が、唇の乾燥を引き起こすことに一番衝撃を受けました。
    何気なくいつも使っている歯磨き粉の中に、環境や人の健康に影響を及ぼす有害な化学物質の合成界面活性剤ラウリル硫酸ナトリウムが含まれていることがあります。

    水と油が結びついて汚れを落とし、洗濯や台所洗剤として役立っている合成界面活性剤が発泡剤として歯磨き粉に添加されているため、泡が立ちます。
    歯磨きしたあと、きちんとうがいをしても残ってしまう合成界面活性剤が、口の中の粘膜を通して少しずつ体内に蓄積されてしまいます。
    その結果、舌の表面の細胞の働きが鈍り、生きていく上で必要なエネルギーを生み出す、細胞内にあるミトコンドリアの働きが奪われてしまう可能性があります。

    そんな中、農薬や化学肥料を一切使われていない畑で作られたハーブが配合されている歯磨き粉があります。
    また、合成界面活性剤を添加していない泡が立たない石鹸系の歯磨き粉もあります。
    泡立ちが悪い石鹸系の歯磨き粉は、最初の慣れないうちは違和感があったり、きちんと磨けているのか心配になったりするかもしれません。 
    しかし、石鹸系の歯磨き粉は、合成界面活性剤の蓄積や細胞を傷つけることもなく、慣れてくると違和感もなくなってきます。
    環境にもよい石鹸系の歯磨き粉をぜひ試してみましょう。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!