もう政治家に騙されてはいけません

  • 追加
  • 年金制度が破綻寸前と言われて久しいですが、皆様は老後、数十年生きていくのに十分な蓄えを確保する準備をしていますでしょうか。先日、政府筋から老後30年生きていくのに2000万円は準備が必要であるとの試算が発表され、驚いた方、やっぱりか、など皆様さまざまな感想を持たれたのではないでしょうか。

    2000万円という数字の根拠は、仕事を辞め、標準世帯で毎月5、5万円不足する計算になるので、30年生きるとすると累積で2000万円が必要になると考え方で計算したものです。実際は食費や住宅費など衣食住にかかる費用は個人によってアジャストしますから、その計算式をそのまま適用する必要もないと考えられます。

    老後趣味に生きる、あるいはお金がかかる計画を立てているという場合は十分以上の蓄えが必要でしょうが、多くの人は仕事を辞めた老後は、質素に生活するはずです。その証拠にユーズド専門品店やリサイクルショップには多くの高齢者の姿があり、賑わっています。

    よく考えると約30年前、消費税が導入する前提は年金制度の正常化・拡充だったはずです。30年経った今、未だにその制度の未来が懸念されるということを発表したのですから、政治家に安心できる年金制度を作ることは無理だと考えた方が良さそうです。

    ある政治家は、不足する老後の資金を投資によって補填する必要があるとまで言っていますが、投資の多くは損をするもので、実際、私たちが納めた年金は投資によって増える計画だったはずなのに、少なくなっているではありませんか。大きな失敗投資ではありませんが、計画通りの運用ではありません。私は政治家が投資会社の意向を汲み取った発言だと感じています。

    自分たちで老後の資金をどうするかは、もう自分で考えるしか方法がないと感じます。いかにすれば老後の安定した衣食住が確保できるか、私たちは常日頃からこのことを意識して生活していかないとならないと考えます。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!