いびきを甘く見ていてはいけません

  • 追加
  • イビキにまつわるあるあるネタですが、自分自身のイビキは気づかないことがあっても、他人のイビキは許せないというものが挙げられます。

    それでも、わたしは、自分のイビキで目が覚めることもあったりするため、一概にはそうとも言えないように思います。わたしが聞いたことのあるイビキをしている人をおとなしくさせる方法としては、枕を少し動かしてあげるというものがあります。

    少し眠りが浅くなってしまったり、目が覚めてしまうこともあるかもしれませんが、口呼吸をしているからこそイビキをしているわけで、正常な呼吸に戻してあげるという意味で有効な手段ではないかと思います。

    また、イビキをかいている人は、そのまま睡眠時無呼吸症候群になってしまう可能性もありますので、そうなってしまっては、命の危険さえありますので、やはり何らかの対策が必要です。具体的に言われている効果法としては、口元に張るイビキ防止シールを使用したり、横向きになって舌が喉を塞ぐことを防いであげるといったこともおすすめです。

    いびきをかくことが健全な睡眠を阻害することは今では当たり前となったため、ある程度の理解が得られる世の中となりましたが、一昔前でしたら、とりわけ女性などは恥ずかしいだけであって、このことによって異性に嫌われてしまうということもあったようです。

    もし、そんな目にあうことがあったとしても、健康状態が良くないことを主張することによって、防御線を張って対抗することも必要であるかと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク