白髪を出来にくくするおすすめ食材について

  • 追加
  • よく耳にすることは、わかめや昆布、ひじきといった黒い色をしている海藻類を食べることで、白髪になりにくくなるといったことがありますが、その真相は果たして本当なのでしょうか。

    実際のところ、白髪に効果がある食材や栄養素は何なのかというと、次のようなものが挙げられます。

    まず、何を差し置いても、昆布やワカメが髪に良いというのは本当のことでして、海藻類には髪にツヤを出す効果があるので、白髪染めなどで傷んでしまった髪を労わるには最適の食材と言えます。

    次に挙げられるのが、ビタミンEやビタミンPです。ビタミンEやビタミンPは、髪の毛の新陳代謝を高めたり、毛細血管を活発にする働きのある栄養素として広く知られていることもあり、ナッツ類や柑橘類に多く含まれることが分かっています。それらを摂取すると頭皮の健康を底上げすることにも繋がりると言われています。

    さらに、髪の毛にツヤを与えたり、色を黒くするためにはイカやエビといった甲殻類、牡蠣、大豆類などがあります。
    牡蠣や甲殻類には「銅」が含まれており、これはメラニン細胞を活発にしてくれる成分があるので、メラニン色素を作り髪を黒くするために必要な食品です。

    白髪を黒くしたいならば、牡蠣や甲殻類のタウリンや亜鉛など栄養素を含んだ料理を食べることはもはや必須であると言えます。

    タンパク質も髪に必要な栄養素で、お肉や玉子、ミルクなどに豊富に含まれていますが、お肉にはコレステロールといった脂肪分も含まれていますので、白髪予防のためとはいえ、過剰摂取にならぬよう細心の注意が必要です。
    こういった食品を積極的に取り入れることが白髪予防にいいといわれる食生活です。

    以上のようなものが必要な食材・栄養素となりますが、これらをすべて実践するのは決して容易なことではありません。

    ですから、あれもこれもと情報番組などに踊らされるような選び方をするのではなく、気づいたときに取り入れてみる、あるいは、選択肢のなかでどれにするか迷ったときの指標にするといった意味で、知識として持ち合わせておいただけでも、その価値は十二分にあると思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!