報連相

  • 追加
  • 報連相は仕事の基本と言われますね。
    報告、連絡、相談を略していることはご存知だと思います。

    基本的な意味は結果の報告をする過程では必ず連絡を入れ、必要に応じて相談をしろという意味です。
    皆さんの中には報告するなら連絡はいらないんじゃないかとか、連絡って指示を仰ぐんだから相談と同じだよなとお考えの方もいらっしゃると思います。
    確かにそうですね、上司に連絡を入れて返事を聞かないことなどありませんし、連絡が報告になっている場合もあるでしょう。

    しかしですね、この言葉をそのように考えること自体が社会人として失格なんです。
    細かい事に気を取られて本質を見逃しているんですね。

    報告でも連絡でも相談でもやるべき事という意味で同一なものとして捉えてください。
    仕事においてのコミュニケーションのあり方と重要性を表しているんです。
    つまり社会人としての基本的な意識を持てとおしえてくれてるんですね。

    組織の中では自分で勝手に行動してはいけないという教訓、それが報連相なんです。
    自分が上司になったつもりで考えてみて下さい。
    頼んだ仕事の進捗が分からなければイライラしますね。
    何も聞いてこなければ順調なんだなと思いたくなります。
    それで報告が無かったら、何をしてたんだと思うことになるでしょう。

    仕事は連携なんです。
    個人プレーは必要ないんです。
    やるべきことをちゃんとしましょう。
    それを忘れそうになったらほうれん草を食べて思い出しましょうね。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク