会社内のジェネレーションギャップにどう対応していけば良いのか

  • 追加
  •  老若男女を問わずさまざまな年齢の人が働いている会社では、ジェネレーションギャップに悩まされることがありますよね。同年代同士では当たり前の常識が違う世代にはまったく通用しない、そんなシチュエーションに遭遇することは日常茶飯事です。

     ただ、会社で仕事を通じて多くの人と接しなければいけない以上、ジェネレーションギャップがあるからどうにもならないと問題を放り投げることはできませんよね。そこで参考にしたいのが自分の家族です。

     一人暮らしをしていると厳しいですが、そうでなければまず家族を参考にしてジェネレーションギャップへの対応方法を学んでいきましょう。今は核家族が主流ですから家族を相手にするパターンには限りがありますが、それでも学べる点は多いと思います。

     高齢者世代の祖父母、現役世代の父母、若者の世代の息子や娘が家族にいれば、ジェネレーションギャップに対して身近で体感できますよね。最近では家族間の交流が薄れていることが社会問題として懸念されていますが、家族こそコミュニケーションの最小単位とされているわけですから疎かにはできません。

     家族との交流を密にしてジェネレーションギャップの対応を模索していけば、それが会社内でも必ず活きてきます。考え方が後ろ向きになって「世代が違うから接しない」というのでは進展が望めないですので、まずは家族としっかり向き合うことによってジェネレーションギャップの溝が埋められるよう努力しなければいけないと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!