人事を尽くして天命を待つような仕事をすれば後悔しにくい

  • 追加
  •  仕事をしていて「人事を尽くして天命を待つ」という境地にたどりつけば、後悔はしにくいでしょう。

     仕事をしていて一番後悔するのは「やるべきことがあったのにそれをやらなかった」時ではないでしょうか?やろうとしたのにできなかったのならまだいくらか弁解の余地がありますが、そうではなく弱気や怠け心によってやらなかったら、後で激しく悔やむのは目に見えていますよね。

     できるかできないかはやってみないとわからないですが、やらなければ絶対にできません。ですからまず結果を恐れることなくやろうとすることが大事ですし、そうすることで「人事を尽くして天命を待つ」の境地にたどりつけます。

     仕事では、自分のやれることが決まっています。それをやり切ったら、後はもう流れに任せるより他ありません。それは上司やクライアントなどの他人が命運を握っていることもありますし、本当に運任せな場合もあるでしょう。ただ、いずれにせよ仕事に対してやれることをやり切っていったら、むやみやたらと後悔はしないですよね。たとえ思い通りの結果にならなかったとしても、全力で取り組んだのだからしょうがないと早々に心を切り替えられます。

     仕事に対して全力を尽くすことの意義は大きく、常日頃から心がけていないといけませんよね。もうこれ以上はやりようがないというぐらいフルパワーで仕事に臨めば、後は結果を待つばかりです。そのぐらいエネルギッシュに働くことが、成功への道だと思っています。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク