オシッコが黄色くなるビタミン

  • 追加
  • ビタミン剤,栄養ドリンクを飲んだ後の黄色いオシッコをみて,十分ビタミンが摂れたと思うヒトとせっかくのビタミンが出てしまったと思うヒトがいるかもしれませんが,このオシッコを黄色くしているのは何だか知ってますか。

    ビタミンCやビタミンEがオシッコを黄色くしているような気がしますが,ほとんどはビタミンB2によるものです。ビタミンB2は水溶性で過剰に摂取したB2が尿中に排泄されてオシッコが黄色くなります。

    このビタミンB2はカラダにとってどんな働きをしているかと言いますと,食事で摂った糖質,脂質,タンパク質の代謝,特に脂質の代謝をサポートしています。脂肪が燃焼する時エネルギーになる時にはビタミンB2が不可欠なのです。

    また,皮膚や毛髪などのタンパク質が作られる時に必要で発育のビタミンと呼ばれています。

    さらにカラダの中でできた過酸化脂質の分解を促進します。ビタミンEが過酸化脂質ができるのを抑えるのに対してビタミンB2はできた過酸化脂質を分解しその蓄積を防ぎます。
    過酸化脂質は,動脈硬化や老化を進めると共にガンにもかかわっていると言われています。
    動脈硬化は,高血圧,脳梗塞,虚血性心疾患の原因となるので,これらを防ぐビタミンB2は生活習慣病を予防するビタミンと言えます。

    ビタミンB2は水溶性で,比較的熱に安定なビタミンです。摂取量は1日当たり1~2mgほどです。スポーツによってエネルギーを多く消費する場合には多く必要となります。牛豚レバーの30g,タマゴ4個,牛乳4杯,納豆4パックに約1mgのビタミンB2が含まれていて,ヒトの腸内細菌でも作られています。
    多く摂りすぎてもオシッコに出てしまうので,摂りすぎによる弊害はありません。

    ビタミンB2の不足によって肌や髪のトラブルが起きるので,このビタミンは美容ビタミンとも呼ばれています。

    口の端が腫れて切れる口角炎,唇が腫れて赤くなる口唇炎,舌が腫れて痛くなる舌炎,ニキビや小鼻の脇などにブツブツができる脂漏性皮膚炎はビタミンB2不足によって起きます。これらの症状が出てきたら多く取るようにしましょう。

    また,ビタミンB2は脂肪燃焼にかかわっているのでダイエットをしているヒトには必須のビタミンです。脂肪燃焼効果を上げてダイエットを助けてくれます。

    生活習慣病を予防し発育と美容に欠かせないビタミンB2を積極的に摂って,若々しいカラダをいつまでも維持しませんか。




    関連ネタ & スポンサーリンク