コンプライアンスは企業の品格を決定するバロメーター

  • 追加
  • おはようございます。今朝は少しコンプライアンスについてお話をしようと思います。

    最近ではどこの企業でもこのコンプライアンスを重要な企業要素として考えるようになってきました。一昔前には聞かれなかった言葉ですが、今では、国内の大手企業のみならず、中小企業に至るまで広く浸透してきました。

    皆さんも当然コンプライアンスが何を意味するものかはご存知と思いますが、念のために申し上げますと、法令遵守と表面的には解されております。実際にはもっと深い意味合いのあるものとして捉えられているようです。

    法令遵守ということであれば、法律を犯さなければ企業は何をやっても良いということになってしまいます。

    コンプライアンスの真の意味合いは、企業倫理の遵守と解釈した方が正解でしょう。要するに法律よりもさらに上位の道徳を拠り所として、企業活動を展開することがコンプライアンスの意図するところであり、現代社会が企業に求めているものであります。

    したがって、コンプライアンスから逸脱した行為を行ってしまうことは、社会から敬遠され、強いては企業の存続が危ぶまれる状況にもなり兼ねないのが最近の動向です。
    時折こうしたニュースが新聞やテレビを賑わせているのは、皆さんもご存知の通りであります。

    それでは、日常の業務の中ではこのコンプライアンスを私達はどのように遂行すればよいのかという身近なところで考えてみましょう。

    例えば、工場内のクリーンルームに入る場合、会社が定めた手順があります。私も何度か入ったことがありますが、大変面倒な手順を実行しなくてはなりません。ともすると人が見ていなければ、手洗いぐらいは省いても、などと脳裏を横切ります。

    人が見ていようがいまいが、決められたことをきちんと守って実行することが、日常の業務の中で私達に課せられているコンプライアンスなのです。

    そうした社員一人ひとりの精神こそが大切であり、その企業の品格を決定していると私は思います。ご静聴ありがとうございました。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク