自分を律したければまず規則を守ることが第一

  • 追加
  • 規則やルールを設けることは束縛につながると考えられがちですが、束縛されることで自分を律することができるという利点も忘れてはいけないと思います。学生時代の校則や会社に入社してからの社則は、なかなか意識できないことが多いですよね。そして、校則や社則にあまりに縛られてしまったら、何だか息苦しくなってしまいそうです。

    ですが、一人だけで活動しているのではなく学校や会社という場で集団生活をしている以上、校則や社則を意識することはすごく大切です。いくら個人の自由が認められているとはいっても、無鉄砲に何でもかんでも自分の好きにして良いわけではありません。それでは他人に迷惑をかけてしまいますから、そうならないようにする必要があります。

    校則や社則などの規則やルールは、自分を律するための行動指針を示したものです。自分を律することができれば、勉強にしろ仕事にしろパフォーマンスを発揮しやすくなるのはいうまでもありません。人は我慢や辛抱をしなければいけないものですが、仕事となればまさにそういう局面が多くありますよね。

    そのような局面に遭遇しても普段から規則やルールに従って行動をしていれば、あまりストレスに感じることなくどこ吹く風で乗り切れるのではないでしょうか?ですから、規則やルールは自分にとっての枷になっていると考えるのではなく、自分を律するために必要な決まり事だととらえるのが適切です。ですから、規則やルールをよく守れたほうがいろいろな面でプラスだと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク