石の上にも三年という言葉と仕事について

  • 追加
  • 石の上も三年とよく昔は言われました。しかし、私はそうは思いません。

    なぜかというと、私自身、さまざまな仕事を経験しながら成長してきたからです。その中には、三年たたずに辞めたこともあります。

    しかしながら、私は、三年たたずに辞めた経験が無駄であったとは決して思えないです。なぜかというと、この情報化社会において、必ずしも業務の把握に三年かかるものばかりだとはいえないからです。

    業務によっては、一年ほどで大体どんなことをする仕事なのか把握できる場合があります。そして、その場所が必ずしも自分が長くやっていきたい仕事ができる状況ではない場合、早めに新しい場所に移動することがチャンスを掴むことにつながることもあるのです。

    もちろん、皆さまに転職や退職を勧めているというわけではありません。しかしながら、三年という数字にこだわるあまり、自分の適正ではない仕事にしがみつくのは時間がもったいないでしょう。

    自分の適正は、自分だけではわかりにくいこともあります。周りの人達の意見にも真摯に耳を傾けて、自分を冷静に見極めなくてはなりません。

    そして、三年ルールはとりあえず忘れてしまってもいいですから、これぞと思うことがあれば、どんどんチャレンジしようという気概を持っていただきたいです。

    チャレンジしていく中で、これは自分が三年続けるに値するとわかったならば、そのときに自分で決めてがんばる、その心意気が大切であります。自己決定の意識が重要なのです。




    関連ネタ & スポンサーリンク