思い立ったらすぐ行動することの大切さ

  • 追加
  • 何かしらのアイデアを思い付いた瞬間に行動するということは意外と大切です。やるべきこと、やった方が良いとおもうことが頭の中に浮かんだとき、多くの人は後で良いとか、今じゃなくても問題ないだろうと思うケースが多いと思うのです。

    しかし、そういった行動をとるとリスクもあります。1つはそのアイデアを忘れてしまうということです。これは意外と多いのです。何かいいアイデアが浮かんだなという記憶は残っているものの、その具体的な中身を忘れてしまうのです。

    そして、もう1つは時期が遅れることでどんどん世の中の流れが変わっていってしまうというリスクです。世の中の変化は異常に早く、その変化に企業はいかに素早く対応し、商品やサービスを提供するか?ということが重要なのです。

    1日、2日遅れるだけでも自分が思いついたアイデアと同じものを、先に他社に作られる、提供される可能性があります。つまり、明日でいいや、今日じゃなくても構わないという油断は結構致命的な場合があるということなのです。

    思いついたこと全てにおいてすぐに動かないといけないとは言えませんけど、これはすぐに動き出した方が良いのか?どうかという判断はまず行いましょう。そのうえでそうした方が良いと思ったら、すぐにでも動き出すべきなのです。

    私はそういった判断力を養い、適切に行動して、すぐにやるべきことと明日以降でも問題ないことの区別をちゃんとしたいと思っています。そして、今すぐにでもやるべきことに関しては後回しにせず、その場で行動に移すという努力をしていきたいと思っているのです。




    関連ネタ & スポンサーリンク