本音と建て前を上手に使い分けるコミュニケーションが理想

  • 追加
  • 人とのコミュニケーションでは、本音と建て前を自然と使い分けるのが普通ですよね。もしも思ったことをそのまま言う、つまり本音ばかりの言葉で人とコミュニケーションをしていたら、相手の気分を害してしまうかもしれません。また、その反対の建て前ばかりでも、言葉の重みがなくなってしまうため信頼されにくくなってしまうでしょう。

    大事なのは、ケースバイケースで本音と建て前を臨機応変に使い分けることです。腹を割って話さなければいけない時は本音を、本音を隠しておいたほうが良い時には建て前を言うのが、コミュニケーションに長けている人の特徴です。何でもかんでも正直に打ち明けるのが最良だと考えられがちですが、そうとは限りません。建て前も決して悪いことではなく、場を取り持つために必要とされることがありますよね。

    この本音と建て前のバランスが崩れてしまったら、コミュニケーションでトラブルにつながりかねませんよね。本音ばかりで人の気持ちを汲まないのは御法度ですし、建て前ばかりで真実味が薄れているのもよくありません。そして、本音と建て前のコミュニケーション能力を向上させたければ、とにかく経験を積んでいくしかないでしょう。シチュエーションに合わせて本音と建て前を自然と使えるようになれば、どんな状況でも対応できますよね。

    まるで腹黒いやり手の経営者のようなコミュニケーションの取り方かもしれませんが、社会の荒波を泳ぎたいのならぜひ身につけておきたいスキルです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!