出会いの大切さを考えてみました。

  • 追加
  • 世界の人口は推定ですが、74億7400万を超えています。
    日本人口は1億3000万人に足らず。そして例えば東京都では1400万人を少々切るのですが、あなたの住む市や町にはどれぐらいの人がいますか? 

    これ程沢山の人間が、今現在、同時間に自分と共に地球上の何処かで生きています。
    しかし、距離の問題で当たったり、行動の違いであったりなど様々な条件や理由によって、それらの人達のほとんどとは一生出会う事も無く互いに死んでいきます。
    敢えて注目して考える事がなければそれは至極当然の事で、何の不思議もありません。

    そして世界中の同時間に生きているこれらの人達の内で、出会った人達が勿論あります。
    毎日の生活の中で、例えば何処かの歩道上で前から来て自分の横を歩いて過ぎ去った人。
    同じ学校に通っていたのは知っていたけれど、一度も話す事無く卒業していった人。
    そんな唯すれ違っただけの人は数え切れない程の数になります。
    そしてこの様な無数の人の中のホンの少しの人と、何かのきっかけで知り合いや友達になったり、さらに恋人や伴侶になったのです。

    そのホンの少数の人達との出会いは、世界中の人口から見ればいったい何分の一の確率になるのでしょうか。
    単純計算では74億7400万分の知人数です。
    ジャンボ宝くじ1等の当選確率が2000万分の1といいますから、その確率の低さは推して知るべしでしょう。

    そう考えた時、身の回りにいるそんな人々のと出会いがいかに貴重なものであるかが分かります。
    袖振り合うも他生の縁という諺がありますが、まさに出会いとは徒や疎かにするものではない様です。
    私もちょっとは嫁さんを大切にする様に心掛けます。




    関連ネタ & スポンサーリンク