朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

自分のこととして受け止めよう

  朝礼ネタ4849  2021/10/18  1528 PV 故事ことわざ

「他山の石」という故事ことわざがあります。

どのような意味かというと、他人の言動がたとえ間違っていたり劣っていたりしても、それを自分に生かしたり、自分の身に置き換えて反省したりすることです。

私たちは毎日、朝起きてから夜眠りにつくまで、ありとあらゆることを行います。自分一人だけで行うこともあれば、人にお願いしたり、人の手を借りなければできないこともあります。その全てを、なんの誤りもなく完璧にこなすことは、かなり難しいことです。ちょっとした誤りが一つもないほうが、不自然な場合もあると思います。

人は自分のことはさておき、他人のことには厳しくなりがちです。それが仕事であればなおさらでしょう。「この人の言っていることは間違っている」、「あの人はこんなことも出来ない」、会社でそうした場面に出くわすことは、誰しもがある筈です。

ただ、他人の「間違っている」「出来ない」を、自分に置き換えて考える人はどれほどいるでしょうか?他人の「間違っている」「出来ない」は、自分の「間違っている」「出来ない」であるかもしれません。

上司、同僚、部下の間違いや失敗をバカにしたり、けなしたりするだけでは会社は伸びません。その間違い、失敗を認め何が原因で起こったのか、次に起こらないためにはどうしたらいいのか、を皆で考え実行しなければ会社は変わりません。

自分の身の回りで起こっていることは、決して自分と無関係ではありません。自分の仕事ではないから関係ないではなく、改善が必要であれば少しでも良くなるように考え、実行しましょう。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題