カウンセリングとしての占い

  • 追加
  • 人生において、転職や結婚、キャリアアップなど、何か今後の生活が大きく変わる決断をしなければならないとき、誰でも今の考えが正しいか悩み、どう進路を定めればいいのか迷うことがあると思います。

    わたしは以前この会社への就職を決める前、本当に自分の決断が正しいのか、なんとなく自信がないなあと思っていました。そんなとき、知り合いと飲みに行った帰り道で、占い師の人に声をかけられました。
    元々占いはまったく信じていないので、わたしはすぐ断ろうとしたのですが、知り合いが面白がってお金は払うから鑑定してもらいなよ、と言い出しました。占いをしてもらったのは今のところそのときだけなのですが、あの出会いには意味があったなあと振り返って思い出すことがあります。

    占いというのは、本来先の見えない未来を謎の力で覗くようなものではなく、ある人の悩みを聞き、その悩みを持っている人なら100%うなずけるようなアドバイスをテンプレートに沿って提案する仕事です。
    わたしがそのときにアドバイスされたのは「今悩んでいることは、その会社に行けばきっと解決できる。あなたはしっかり道を選べる人だから、自分の決断を信じなさい」という内容でした。
    明らかに誰にでもあてはまるのですが、自分の悩みを人にわかるように整理して話し、占い師ならではの本気の口調でアドバイスをしてもらったことで、決断をするきっかけをつかめたように思います。

    悩みがあるときは、未来を読んでもらうためではなく、背中を押してもらうために一度くらい占いをしてもらうのもいい経験になるかもしれません。




    関連ネタ & スポンサーリンク