食事はバランスよりも取り方が重要

  • 追加
  • 最近ブームの糖質制限やロカボなど、今までも食事についてのブームは様々ありましたが最近はその撮り方も重要とされています。取り方一つで、同じ食事内容で大きく内容が異なって来ます。
    今までの日本の栄養の考え方はカロリー計算が重要とされて来ており、カロリーの高いものは悪とされる風潮がありました。その中で油は1g辺り9キロカロリーとなり他の栄養素が4キロカロリーのところ2倍以上のカロリー摂取となります。
    その油のせいで血管内はドロドロとなり血が固まる原因とされ、脂質の摂取は悪のような感じになっていました。
    でも、食事での脂質はあまり血液のドロドロとなるコレステロールに影響を及ぼさないということがわかって来ました。それよりも日頃からよく食べるご飯を取りすぎたりする方がDNAを傷つけたり肥満の原因となりかねないという結果が出て来ています。
    そのような結果の中でどのように食事を取れば良いのでしょうか。
    血糖値という観点からは糖質を最後に食べるというのが鉄則で、野菜などカロリーとは関係ないところから先に食べるということが推奨されてましたが、糖質さえ最後に食べればどこから食べ始めてもそれほど変わりがない事がわかって来ました。
    これの良いところは、体の栄養素となるタンパク質やミネラル、脂質というものを先に食べることで少量でも効率よく吸収できることです。その上急激な血糖の上昇が下げられるので体への負担も少なくできる良い食べたかです。
    一昔前は固め食べはよしとされていませんでしたが最近は固め食べの方がいいみたいです。




    関連ネタ & スポンサーリンク