ディズニーの絆力という本を書いた鎌田洋さんの本を読んで。

  • 追加
  • ディズニーランドで長く勤めておられた鎌田洋さんが、書かれた本に、ウォルトディズニーの、こんな言葉が、書かれていました。それは、「ディズニーランドは永遠に完成しない。この世界に想像力が残っている限り、成長し続ける。どんなにお金をかけて人工的なものを作っても、それがものである以上、いくら好きな場所でも3回行けば飽きてしまう。重要なのはそこで働く人なんだ。人の魅力で売らなければダメなんだ。大きな夢を見ること。そして夢を追い、最後まで、実現するまで追い続けること。夢が完成するまで満足してはいけない。ディズニーランドは愛のために始めた。」という言葉です。

    この言葉を読んで私は、ハッとさせられました。なぜハッとしたかというと、自分自身の魅力を高める為に、今自分は、どれだけ努力をしているのかを、自問自答してみると、まだまだ自分を高める努力をしていない事に気付いたからです。そして、大きな夢を見ているのかを、自問自答してみると、その大きな夢も見る事が出来ていないなと思ってしまったからです。

    まずは、自分自身が、それを実現出来るか出来ないかではなく、大きな夢を持ち、その夢を実現するまで、あきらめずに、挑戦し続ける事が大切という事に気づかされました。そして、少しずつで良いので、一歩ずつ自分の出来る事を、真摯に一つずつやっていこうと思いました。まだまだ未熟者の私ですが、あのディズニーランドでさえ、永遠に完成する事はないのですから、私も自分が成長出来ると信じて頑張っていきます。




    関連ネタ & スポンサーリンク