モノを大切にする人の2つのパターン

  • 追加
  • モノを大切にする人としない人がいます。大切にしない人とは、使ったらそのままで、元の場所に返さないとか手入れをしないとかで、結果、壊れたり無くなったりして、長持ちしないことをさす場合が多いと思います。

    しかしモノを大切にする人も2種類のパターンがあります。特に趣味の範囲で実例を挙げると面白い事がわかります。自分の欲しかった釣り竿があります。この竿を使いこなして、手入れを行い長持ちさせる人もいれば、勿体ないと言って部屋に飾って使わずに眺め、手入れのみするという人もいます。車でもそうです。憧れの車を買って、通勤やドライブに使い、空いた時間は車を磨くという人もいれば、車は車庫に置いたままで乗らず、休日は車を洗うだけの人もいます。

    自分の欲しいものを満喫して大切に扱う人が前者です。この場合、多少の傷が付いたりして、欲しかったモノに歴史が刻まれます。逆に欲しかったものは宝物のように保管し、綺麗なまま保存するのが後者です。常に勝った時の状態を維持し続けるわけです。

    考え方一つで、どちらもモノを大切にすることには変わりはありませんが、私の場合は前者の使いながら大切にするのが好きです。釣り竿も車も、多少の事は自分で修理します。すると愛着がわき、モノに思い出が残ります。やがてそのモノも終わりの時を迎え、別れが来ます。

    モノというのは使う事で本領を発揮すると思います。使いこなし磨けは、長所や短所がわかり、こちらも使い方を変えたりします。まさに人と同じだと思います。経験を積み、場をくぐって成長していきます。そして年齢と共に引退を迎えます。そのことを考えるとモノは使わないと勿体ないと思います。皆さんも自分の大事なものはどんどん使いこなしましょう。私は使い捨ては絶対にしません。使い続けて役目が終わると、次に移るのです。こんなモノを大切にするというパターンが大好きです。




    関連ネタ & スポンサーリンク