多頭飼いすると犬も嫉妬する

  • 追加
  • 我が家には2匹のシーズーがいます。両方ともオスで親子です。父親3歳、子犬1歳です。子犬は小さい頃は、親犬の真似ばかりし、親犬に飛びかかっては、叱られるように吠えられていました。そんな子犬が成長し1歳をこえる辺りから嫉妬が始まりました。

    親犬を抱き上げたり、抱擁したりすると必ず子犬が寄って来て、自分にもやってくれと催促しだします。おやつも親犬に先に与えると催促するように寄って来ます。この辺は普通だと思いますが、親犬が室内でウンコをもよおした時、私が親犬だけ連れて外に出て帰って来た時に起こりました。

    子犬が出入り口で待ち構えていました。帰って来た親犬の方をじっと見つめています。そして親犬が室内に入ると、本気で吠えて怒り飛び掛かり噛みつき始めました。さすがに私が叱りましたが、同じことは再び起こりました。

    娘が親犬だけ車にのせてちょこっと外出した時です。室内の玄関で子犬はじっと伏せをして待っていました。やがて帰って来ると、親犬に向かって前回と同じように襲い掛かりました。私は完全に子犬が嫉妬していることがわかりました。それも飼い主には怒らず、親犬に怒っていました。このころから、親犬は子犬に対し我慢をするような光景を頻繁に見るようになりました。

    人間社会のいじめのようにも見えました。兄弟関係でもこのような事はありますが、兄弟に怒ることはあまりせず、一人ひねくれたりします。犬も人間も同じで、飼い主に一番に可愛がられたいと思うようです。人間社会の親によく見てもらいたい、先生によく見てもらいたい、上司や社長に良く見られたいなどの心境です。

    犬のこのような心理状態を見ると、理性の高い人間社会では、いかに人を平等に扱い、評価していくことが大事なのかがよくわかります。人間の場合は言いたくても言えない、怒りたくても怒れないなどの我慢をすることが多く、これが多くのストレスにつながります。やっぱりコミュニケーションは重要な事だと改めて感じました。




    関連ネタ & スポンサーリンク