伝えることの難しさ

  • 追加
  • 昔からよく家の手伝いをさせられていました。うちは自営業で親二人がしているような木材卸売を行なっていました。
    親父は目利きは鋭く、価値があるけれども癖のあるような木を買ってきては需要のあるところにそれなりの値段で持ち込むということに長けている人でした。
    しかしながら、人に指示を出したり、効率よく物事を進めると言うことに関しては頭が働かない上に自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなり怒り出すといったタチの悪い人でもありました。
    そんな中で育ったせいか、人の気持ちを察するという事はそれなりに身についてきましたが、相手に自分のしたい事を伝えるということは改めて難しいものだと感じます。
    そもそもいけないのが人に指示を出して時間がかかるのであれば自分でしてしまった方が早いという考え方。僕もその考え方なのですが、それだと周りが成長しないし情報や状況の共有が出来ないのが問題です。
    相手にうまく伝えられるツールなどがあれば作業としての効率も格段と上がり生産性も対人コミュニケーションも円滑になると思います。
    まあ日頃より互いにコミュニケーションを取ってある程度は何を考えているのか把握しておくだけでも作業効率は上がっていくと思います。
    昨日はその父親が喪主を執り行うということで、補佐に回ったのですが、ここまで伝えることが下手なのかと改めて実感したのと失望した感じがあり、自分の伝えることの能力を上げていかないとならないと痛感しました。




    関連ネタ & スポンサーリンク