健やかな体づくりのために水を飲む

  • 追加
  • 健康のために水を飲んでいるという人も多いと思います。
    しかしなぜ水を飲むのが良いのでしょうか。

    まず、水を飲むと胃腸が動きますね。
    つまり内臓が動くということなので、代謝が働くということにも繋がります。
    体が熱を発生させて体を温められますし、僅かずつではありますが、脂肪燃焼にも効果があると考えられています。

    また、水を飲むことで腸内が綺麗になります。
    水が腸内にこびりついた老廃物を流すため、体内に老廃物を溜め込むことが少なくなります。
    もしも腸内に老廃物が溜まったままですと、腸が老廃物を吸収し、体内に老廃物を流してしまいます。
    そうなると体内が汚くなることが想像に難くありませんね。

    もちろん、ただ水を飲めば良いというわけではありません。
    1日に飲んで良い量は、1.5リットルから2リットル程度とも言われています。
    水を飲みすぎると、逆にお腹を壊してしまうこともあるので、飲みすぎには注意しましょう。

    それと、飲む水には余計なものが入っていてはいけません。
    たとえばジュースだと砂糖が入っているため、水の代わりにジュースを飲みすぎると、砂糖も大量に摂取してしまうことになります。
    糖分の過剰摂取は病気の原因にもなりますから、ジュースはほどほどにしましょう。

    とはいえ、医学の常識もときには変わることがあります。
    もしかすると何十年か経ったら、水を飲むことについても、また新たな発見があるかもしれませんね。
    今はひとまず、過剰に水を飲みすぎないようにして、適度に水を飲んでいこうと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク