理想と目標

  • 追加
  • ある採用人事の人に聞いた話ですが、面接の時に必ず聞く質問があるそうです。これを聞いてきちんと答えられる人を採用の第1に考える質問とのことです。
    それは、あなたの仕事における理想はなんですか?あなたの仕事における目標はなんですか?だそうです。

    理想とは、こうであったら最高だなと思える状態です。採用人事の人が言うには、理想を持たない人は理想に近づけないとのことです。ベストの状態のイメージなく、漠然と日々を過ごしていて、確かにどこにもたどり着けません。

    そして、採用人事の人はこうも言いました。理想達成へのプロセスを逆算した目標を立てて、一つずつ達成していかないと、理想は達成できない。理想は最終的な達成状況です。達成状況の前にある問題点を明確にして、それをどうクリアしていくか、それを具体化することが目標です。

    理想と目標、漠然と似たような言葉と考えていましたが、意味合いの全く違う二つの言葉であることを知りました。

    採用人事を長くやっていると、入社した後の社員の成長を見れるそうですが、理想を持って、目標達成していく社員は、会社にとって非常に強い戦力となり、会社に重要なポストに就いていくとのことでした。

    自分自身に理想と目標を問いかけましたが、まだまだ漠然としていました。でも、それを考えることが、まず最初の第1歩だと思います。ただ毎日を漠然と仕事をするのはやめましょう。会社の利益の為、自分の利益の為に、理想と目標について考える契機になって貰えば嬉しいと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク