出されたお茶とビジネスマナー

  • 追加
  • ビジネスマナー上、お客様先に行ってお茶をだしていただいた際に「どうぞ」と言われるまで手をつけないと新人の頃に教わりました。

    以来訪問に伺う際はかならず先方からの言葉を待っていただくようにしていました。
    ある企業様に訪問に行った時、コーヒーが出されたことがあります。あまりコーヒーが得意ではなかったので一口だけ飲んで残して帰りました。

    帰り道一緒に帰った上司に、出されたものをほとんど飲まないのは失礼だと指摘されました。
    しかし、全部飲み干すのも失礼で、少し残すのが礼儀だということでした。

    今までそのような指摘を受けたこともなかったですし、研修の時はそのような話はなかったのでそういうルールもあるのかと感じました。
    後日ネットで検索してみましたが、全部飲みほす、一口残すに関してはどちらでもいいのですが、一口しか飲まずほとんど残すというのはNGという意見が大半でした。

    もしどうしても苦手なものだったり時間の都合上飲みきれなかった場合には、一言「いただききれずに申し訳ございません」と伝えた方がいいという意見もありました。またペットボトルで出された場合は、相手の方が片づける手間も考えると飲みきれない場合は持ち帰る方がいいようです。但し何も言わずにしまうのではなく、「頂戴します」と言葉を添えるべきとのことです。

    よく考えてみればどのマナーもだしてくれた相手のことを考えれば納得のいくものでした。ルールだからする、ではなく心遣いに対して感謝やお詫びの言葉を一言添えられるということが、ビジネス上のマナーのある人ということだと感じました。




    関連ネタ & スポンサーリンク