会話の中身をひっぱらない

  • 追加
  • 私はどうしても、一度でもイヤなことを言われた相手に対して、苦手意識を持ってしまいます。

    たとえば、過去に仕事のミスを指摘してくれた人に対して
    「また怒られたらどうしよう。できればあの人に近づきたくないなあ」と、必要以上にいつまでも気を使ってしまったり、逆に「あの人はすぐ怒るから嫌いだ」といったふうです。

    このような考え方は、きっと周囲から「気の小さい人」だと思われていることでしょう。
    日常生活のなかで、自分の思いが相手に伝わらない場面や、相手から拒否されることはいくらでもあります
    いさかいや口論が一度おわるたびに、頭のなかをリセットできるようになりたいです

    自分が誰かを注意した場合もそうですし、人から何か言われた場合も同じです
    私は神経質なほうなので、仕事の提案を拒否されただけでも、ずっと気にしてしまいます。
    「その話には興味がないなあ」
    「予算に余裕がないから無理だよ」
    「その提案は断るよ」
    という言葉は、私を傷つけることを目的に言われたのではありません。私はいちいち心を痛める必要はないことを意識していきたいです。

    私が苦手意識をもっている相手はきっと、私のことなど気にしていません。
    「前回は失礼しました」「いつも勉強させていただきありがとうございます」と言って、元気にあいさつすれば、きっと笑顔で迎え入れてくれると思います。

    今日からはイヤな事をすぐに忘れられる人になりたいいです。
    それだけで私の印象はワンランクアップすると信じています。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!