インバウンド需要の取り込みについて

  • 追加
  • 東京オリンピックの開催される2020年向けて日本ではインバウンド需要が高まっています。

    2000万人のインバウンド需要取り込み予定だった計画が既に達成され2020年には4000万人のインバウンド需要が予測されています。

    しかし、それとともに大きな問題もいくつか上がっているのが現実です。

    まずはなんといっても宿泊施設です。みんぱくも進んでいますが海外のお客様を囲い込むにあたってはまだまだ足りないのが現実です。

    次に問題になるのは日本人の最も素晴らしいポイントであるおもてなしの心を発揮する手法です。

    今日のコミニケーションとなるべき言語に対して日本人は英語の対応力が弱いのが何よりも問題です。いかに英語でのコミニケーション能力を高めることができるか、またはあらゆるところに英語の表示を出すことによってカバーするかなど対策が必要になっています。

    さらにインターネットの対応も問題です。

    世界各国に比べて日本の無線LANの利用に関しては非常に遅れています。無料で利用できる無線ランをどこまで整備できるかがポイントになります。さらにそこには認証の問題や情報セキュリティの問題もクリアせねばなりません。

    民間だけでもこれを進める事はなかなか難しいと思います。産官学が一体となってこのインバウンド事業をいかに取り込むかを考えていかなければ満足できる結果を収めることは難しいのではないでしょうか。

    東京オリンピック以降もレガシーとしてインバウンド事業を増やしていければ日本人としては嬉しいと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク