ネクタイについて

  • 追加
  • 今日はネクタイについてお話をしてみたいと思います。

    皆さんは、いつもどんな色のネクタイをしていますか?夏はクールビズということで着用しない場合もありますが、基本的には毎日つけて胸元を彩るものですよね。
    実はネクタイの色を変えるだけで、相手に伝わる印象、相手に伝えたい印象はコントロールすることができるのです。

    アメリカ大統領選挙に立候補しているドナルドトランプ氏は、演説で赤いネクタイをしています。
    これは、たまたま選んだものではないと思います。赤の着用率が高いのです。

    トランプ氏といえば、歯に絹着せぬ過激な言動が持ち味。既存の政治勢力では発言できない過激な政策を提言し、世界に強烈なインパクトを与えていますよね。
    実は、その過激さ、攻撃的な姿勢、そして大統領というトップに必要なリーダーシップをアピールできる色が赤なのです。言動から受ける印象もありますが、トランプ氏の赤いネクタイはより彼の姿勢を「強いリーダー候補」にしているのかもしれませんね。

    では、他の色はどうなのでしょうか。

    黄色・オレンジはコミュニケーション力を高める色、青・紺は誠実さや信頼性を高める色、グレーは受容する色、という風に様々な印象を相手に与えることができるんだそうです。

    例えば、飛び込み営業で相手との関係を作りたい=コミュニケーション求めている時は黄色・オレンジ謝罪に行く際はし誠実さの青、というように場面場面でネクタイの色を変えると効果があるかもしれません。




    関連ネタ & スポンサーリンク