朝食の必要性、脳の活性

  • 追加
  • おはようございます。皆さんは毎朝食事をきちんと食べていますか?

    食事は、肉体の一日のエネルギーを供給するだけの目的ではありません。
    良い仕事をこなすには、頭の回転が必要になります。
    部下やお客様の表情を一つを捉えるにも、観察を通して脳の力が必要になるのです。

    脳のエネルギーは糖質しかありません。しかも、脳に蓄積出来る量は僅かしかありません。
    人が一日で摂取する糖のエネルギー量は、脳が20%以上使ってしまいます。
    それだけ、脳を動かすのに糖質は重要な役割を持っているのです。

    では、糖質とは何でしょうか?主に炭水化物をさしています。炭水化物はお米、パンや麺、イモ、豆などをさしています。
    良くダイエットで炭水化物を制限する方がいますが、これは脳のエネルギー不足を招きますから、仕事の効率は落ち、遊び方にも影響をきたします。
    ようするに集中力を欠き、飽きっぽくなるという事です。朝食は余り取らないという方も、おにぎり一個でいいから食べる習慣をつけましょう。

    最後に脳のエネルギーは情報伝達ケーブルの神経細胞が主体です。
    この神経細胞に影響をきたすと、記憶や認知機能に影響を及ぼす事が分っています。
    皆様、参考にして下さい。




    関連ネタ & スポンサーリンク