朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

季節の恵みに感謝しながら

  朝礼ネタ4589  2021/02/14  489 PV 2月風物詩・季節行事

「春は名のみの風の寒さや」という歌がありますが、暦の上では2月は節分・立春と冬から一歩進んだ季節のようです。
節分には鬼を追い出して、福を招き入れるという行事があちこちで見受けられますが、季節季節でその土地に続く行事が大事にされているのは嬉しいことです。

日本には四季が有り、季節の巡ってくることを毎回発見し喜ぶのは日本人ならではの感性の豊かさなんだと思えるからです。
ただ温暖化が原因なのか、最近では昔ながらの穏やかな季節の移り変わりが劇的な天候の変化にとって代わられてしまったように感じることもあります。
そのせいか自然現象を観測していた気象庁が観測を止めるという話もあります。
とても残念なことです。

四季の変化はそんな風ですが、商機を逃さない人たちによって作られたブームはけっこう続いています。
例えばバレンタインデーのチョコレート。
日本では女性から男性ということですが、アメリカなど外国では決まっていません。
そして節分の恵方巻。
これも、関西が発祥ということですが、コンビニエンスストアが目を付けて全国に普及して行きました。

作られたブームでも景気がアップするのであれば、それはそれで良いのでしょう。
日本人らしい感覚を大事にしながら、今何がトレンドなのかを知ることも大事ですね。

「故きを温ねて新しきを知る」という言葉もあります。
自分の仕事に活かせるヒントはいろいろな場面でキャッチできます。
季節の恵みに感謝しながら、自分なりのアンテナをしっかり持っていたいものです。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題