UFOじゃ…ないんです!

  • 追加
  • テレビやYouTubeなどで見かける「夜の空を移動するUFO」、実はほとんどが「国際宇宙ステーション」、いわゆる「ISS」なんです。

    ヒュンヒュン移動したり、発光体が分散したりするものは正体はわかりませんが、一つの明るい星のような点が、一定方向に3分くらい移動してフッと消えたら、それは「国際宇宙ステーション」です。

    「国際宇宙ステーション」って何か知ってますか?

    「国際宇宙ステーション」とは、地上から400km離れた宇宙空間で、地球の周りを一周90分で回っています。

    この「国際宇宙ステーション」、実は肉眼で見ることができるのです!
    「国際宇宙ステーション」は、条件が合えば日の出前や日没の前後2時間に見ることができます。

    いつ見られるの? それはJAXAのホームページで10日先まで肉眼で見られる日時と方角の情報が掲載されているので、その時間に合わせてその方角を見れば、自分の目で見ることができるのです。

    何がすごいって、このJAXAのホームページで出されている目視できる日時が、秒単位で載っていて、しかもズレがないんです!
    実際電波時計見ながらその方角をベランダで見てたら、ピッタリその秒数に、載っていた方角から「国際宇宙ステーション」が空に現れたのです!

    肉眼で見える「国際宇宙ステーション」は、写真で見るような羽が何枚も付いている形ではなくて、星の中でもひときわ明るい「金星」波の明るさで、飛行機並みの速度で約3分間見ることができます。

    肉眼で見られることはあまり知られていないので、ほとんどの人が「UFO」と勘違いしてしまいます。

    まるでゆっくり流れる流れ星のような「国際宇宙ステーション」を、友達や家族と一緒に見たり、はたまたカップルで見ればロマンチックに、内緒でその時間に教えれば相手を驚かすこともできるかも!




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!