ペットについて考えてみましょう

  • 追加
  • こうして朝礼を行った後に皆で会社前の掃除をします。

    タバコのポイ捨てなどは掃除も簡単ですが、困るのは犬の糞です。
    毎日掃除しますが、犬の糞を見ない日は珍しいぐらいです。

    恐らく朝の犬の散歩に連れ出した飼い主が後始末をしていないのが原因でしょう。
    最低限のマナーも守れない人にペットを飼う資格はありません。

    糞以外にも問題をよく聞きます。

    例えばペット飼育が可能なマンションでも、ペットの扱い方には制限があります。
    一例が「敷地内では犬には歩かせない」ということです。
    糞と同様にこれらのマナーを守らない人がたくさんいるのが残念です。
    飼い主としてきちんと犬のしつけをすることが求められます。

    この中でペットを飼っている人はどれぐらいいるでしょう?最近のペットブームは何か異常な物があります。
    聞くところによると流通段階で死んでしまうペットは莫大な数に上るそうです。

    我々の手元に来るペットの陰にはたくさんのペットの命があるのです。
    そんな話を聴くと胸が痛みます。

    ペットショップなどでは人懐こい、可愛いペットから先に売れていきます。
    見栄えの悪いペットは売れ残ります。
    売れ残ったペットはその後どうなるのでしょうか?

    会社の同僚の女性の飼い猫が死んだそうです。
    賢くて長年一緒にいた猫だったそうです。

    会社で仕事中で電話で死んだことの連絡が入り大泣きしていました。
    長年飼っていると情が移ります。

    生物である限り仕方ないことです。
    しかしそういった悲しいことがあっても過剰になると逆効果です。
    我々人間はペットによって癒しを求めているのです。

    ペットを飼うことで他人に迷惑をかけたりすることなどもってのほかです。
    皆さんもペットについてもう一度考えてみて下さい。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク