頼まれごとは試されごと

  • 追加
  • 仕事をするなかで、毎日のように色々な頼まれごとを受けると思います。

    上司やお客様、頼まれる内容は様々で、頼まれたものを印刷すること、指定されたものを買いに行くこと、大きな仕事を任されること、変更してほしいと頼まれること、小さな頼まれごとから大きな頼まれごとまで、日々の仕事の中で多く直面すると思います。
    この日々の「頼まれごと」は、「試されている」ことだと、全国各地で講演活動を行う中村文昭さんは説いています。

    どの仕事においても共通することは、喜ばせたいという想いです。

    しかし、誰かをないがしろにして、誰かを喜ばせるというのは、上手くいきません。
    頼まれごとをされた時に、「そんなの私以外でもできるのに」、「なんで私がこんなことを」と思ってしまうと、喜ばせる部分では欠けてしまうことになります。
    どんなことでも一生懸命こなす人の方が頼みごとをした方はきっと嬉しい気持ちになりますし、また仕事を頼もうと信頼も生まれます。

    頼まれごとをされた時は、「ここは試されている」と考えるだけで、その人にとってより良いパフォーマンスで仕事をこなすことができるのです。

    これらは決して難しいことではありません。今日からでもできることであり、捉え方一つで、周りの人との関係や、信頼など、より良い方向に進む言葉だと思います。

    この言葉と喜ばせたい気持ちを持って、何事にも一生懸命取り組み、皆さんと一緒により良いものを作りあげていきたいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!