マネジメントの極意。先頭に立つことが大事

  • 追加
  • マネジメントはなかなか難しいもので正解なんてないように思えます。相手を励ましながらアメとムチで動かし手柄をあげさせ褒める。
    簡単なようで非常に難しく、相手の気持ちがわからないと空回りしてしまいがちです。

    そんな中、マネジメントにおいて心掛けている言葉を紹介します。
    それは山本五十六の「やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ」です。

    山本五十六は、軍人のため少々現代社会には向かないかなと思われがちですが、この言葉は営業や幾多の会議などでも教訓にできる名句だと思っています。
    要するにとにもかくにもまずは自分がやってみる。そしてできることを見せそれを伝え、できるんだぞと励ます。そうしてやっと人はやってくれる。ただし、半信半疑で始めることも多いので成果はそこそこですが、結果を褒める。そうすれば次からは自らやってくれるという意味で使っています。

    織田信長が比叡山延暦寺を焼き払った時も同じようなことが起きていると言われています。訓練を受けた僧兵と織田軍の戦いで、信長はその先陣を切って比叡山を駆け上がったと聞きます。しかし僧兵側は、大将を陣内に控えさせ戦術にこだわったらしいです。大将自らが切り進んでいくその姿は味方の士気をとことんまで上げ、見事なまでに勝利を収めたと聞きます。

    このように部下に指示するだけではなく、自らも実践しできる範囲を明確にする。そうして一緒にやる。これにより、口だけ指示だけ上司にとどまらず、チームとして一体感を持ちミッションを遂行できる。また、その姿を見た部下はその後も一緒についてきてくれるでしょう。

    失敗しても構いません。自分もプレイヤーになるんだという自覚から行動することがマネジメントにおける大切な要素だと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!