営業ネタ  101 件

「おおきなかぶ」

  • 追加
  • 先日小学生の娘が、「おおきなかぶ」という物語を読んでいました。 宿題で音読するように言われたようです。 私も子供の頃に、国語の教科書で読んだことがあったので、なんとなく話の内容は覚えていました。 あらためて娘が読む物語の…

    続きをみる




    トラブルは針の穴を棒の穴にするな

  • 追加
  • 先日のことですが、学生時代の友人に誘われて、異業種交流会に参加してみました。 以前から人脈を広げる意味でも、新しい知見を得るためにも、一度は出てみたいと思っていたこともあり、誘いを好機ととらえ参加したのですが、想像以上に…

    続きをみる




    営業に使える商談前のビジネストーク

  • 追加
  • おはようございます。本日の一言スピーチですが、普段の営業に活用できる情報をお伝えしようと思います。 ただ、本日にお話することについては、既にご存知の方もおられると思いますので、その方は聞き流して頂くか、もしくはおさらいの…

    続きをみる




    クレームは大きな宝物

  • 追加
  • 仕事をしている中で、お客様や取引先からクレームを受けた経験がある人は多いと思います。 クレームを受けたとき、おそらく「嬉しい」と思う人はおらず、嫌な気持ちになったり、忙しいときには「早く終わらせたい」とさえ感じてしまうこ…

    続きをみる




    営業のプロはスマートな切り返しトークが自然と行えている

  • 追加
  •  営業をかけた相手が特に苦労することなくすんなりと承諾して契約成立、そんなミラクルはほとんどありません。新人がビギナーズラックで大口契約をいきなり成立させてしまう、それはあったとしても1度きりのことです。それでは、営業で…

    続きをみる




    誰得ですか!

  • 追加
  • 本日も、誰のためにより良いサービスをしていきますか? どこを見ていますか!そう…私達はお客様一人ひとりに満足のいくサービスを提供しなければなりません。お客様がよりよいものを買うその対価は、私達のきめ細かな接客力サービスだ…

    続きをみる




    フィフティフィフティの関係

  • 追加
  • 仕事をするうえで、取引先との関係は重要なポイントを占めます。 昔からモノを買う方、仕入れる方が強いというのが商慣行でした。つまり生産者が一番下で、最終購買者の消費者が一番上の立場なのです。 仕事の中でも、仕入れる側と売り…

    続きをみる




    クレーマーについて

  • 追加
  • 近年、モンスタークレーマーの増加が社会問題と化しています。 確かに理不尽なことを訴え、企業を困らせる悪質なクレーマーがいることは事実です。 しかし、クレームを入れてくる人の大半は、その会社の製品やサービスに期待をしてくれ…

    続きをみる




    話すテクニックではなく「話力」を磨こう

  • 追加
  • 話力とは、話すときや聞くときに相手方に与える影響力のことです。 話力のある人とは、話すときの表現力や聞くときの聴解力を併せ持つ人のことです。 人の話というものは沈黙が多い人よりも、しゃべりすぎる人に弊害が多いものです。 …

    続きをみる




    価格を取るか、信頼を取るか

  • 追加
  • グローバルな世の中になり、世界各国の製品が何時でもどこでも買えるようになりました。各販売店は価格競争に走り、少しでも安さをアピールしようとしています。特に家電やパソコン関係などはびっくりするほど安い製品があります。 私の…

    続きをみる




    ちょっとしたトラブルは謝ることが大切です

  • 追加
  • 仕事にトラブルはつきものです。社内であれば、問題解決は早いですが、取引先や、お客となるとそうはいきません。 一番多いちょっとしたトラブルは、お互いの思い違いです。取引関係でも昔のように対面や電話ではなく、メールやSNSな…

    続きをみる




    経営上手はお客の気持ちを大事にすること

  • 追加
  • 高原にある民宿の話です。 昔は冬になるとスキー客で賑わっていた民宿ですが、最近は雪が少なくなり、あまりスキーで集客を期待できなくなりました。 そこで春から夏にかけて小学校の林間学校の宿泊に使ってもらうことにしました。 経…

    続きをみる




    営業の基本は信頼関係づくりから

  • 追加
  • 売れるセールスマンと売れないセールスマンあなたはどちらになりたいですかと質問すれば大半の人は売れるセールスマンになりたいと答えるはずです。 あなたはどの位置にいると思いますか? 自己分析を行うときに一つの目安になるのが紹…

    続きをみる




    売り上げを落とすのは一瞬なのに対し、売り上げを上げるのは月日がかかる

  • 追加
  • 多くの会社は、売り上げを上げることで、利益が生まれ、その利益から従業員の給与を与え、会社の運営を行っています。 売り上げ無しでは利益は生まれません。昔から利益よりまず売り上げ!という会社は多かったと思います。 その売上げ…

    続きをみる




    一流プロレスラーから学ぶ営業哲学

  • 追加
  • 私の好きなプロレスラーに棚橋弘至という選手がいます。 何度もIWGPヘビー級チャンピョンに輝いたことがある一流の選手です。 棚橋選手やライバルの選手たちの活躍で、所属団体の新日本プロレスは、今、すごく人気のある団体になり…

    続きをみる




    子供を預けて働くのは、保育園ママだけじゃない

  • 追加
  • 子供が通っている幼稚園の話ですが、この度同じ法人で保育園を開設することになったそうです。 そこでは1歳児と2歳児のお子さんを預かり、その子達が成長したら幼稚園の延長保育を活用してもらい、保育園と同じように共働きの家庭をサ…

    続きをみる




    江戸時代に生まれた“商人道”を、営業に活かす

  • 追加
  • 今から約150年前の江戸は当時、世界2位とも、1位とも言われた経済基盤を築き上げ、継続させた時代でした。 現在でも世界各国を魅了している、日本の“武士道”精神ですが、当時の江戸では、“商人道”が生まれました。 この商人道…

    続きをみる




    「得意技は雑談力です」と言えるようになりましょう

  • 追加
  •              交渉やプレゼンでは人に負けないが、パーティーや宴会では寡黙になる人がいます。 雑談力がない人は大勢の中にいながら孤立します。 見方を変えれば営業センスはありますから、雑談力を強化すれば誰もが一目…

    続きをみる




    あるお店の素晴らしい対応

  • 追加
  • 年に数回は訪れる中華料理店でのことです。 家族で訪ね、いつも決まった料理を頼みます。 クラゲやピータンなどの前妻から始まり、ツバメの巣のスープ、エビとグリンピースの炒め物、 カニの爪の揚げ物、花巻、デザート。 その他、い…

    続きをみる




    仕事のモチベーション

  • 追加
  • よくモチベーションが下がるとか上がるなどと言います。正式な意味は動機や動機づけなどです。つまり仕事に対する積極性ややる気、自発性などによく使われます。 多くの企業では会議やミーティングがあります。その中で、モチベーション…

    続きをみる




    クレーム対応で企業イメージを保つには

  • 追加
  •      クレームは企業にとって商品や製品の質の向上につながる大切なアドバイスではないでしょうか。  他方、クレームを寄せた相手との上手なコミュニケーションに失敗して事態を悪化させてしまうケースもあります。  よくない評…

    続きをみる




    仕事は「3歩進んで2歩下がる」と良いということ

  • 追加
  • 「3歩進んで2歩下がる」とは水前寺清子さんの歌のフレーズで皆さん良くご存じだと思います。 意味は申し上げるまでもなく、結果差し引き1歩の前進ということですが、人生は長いのでゆっくり歩こうよということなのでしょう。 仕事で…

    続きをみる




    社員が幸せになること

  • 追加
  • 大手保険代理店社長のことば ここで働く者の全員が幸せになることで、お客様も幸せにできます。 気持ちの良い働きやすい環境をつくり、無駄や無理のない環境のなかで仕事の効率を考えましょう。 そうすることで、心地よく業務はすすめ…

    続きをみる




    本当にあるブラックユーモアたっぷりなホテルのサービス

  • 追加
  • 兵庫県神戸市長田区に存在している「ホテルサーブ神戸アスタ」というホテルでは、とてもブラックユーモアたっぷりのサービスがあり、話題を呼んでいます。 そのサービスとは、なんと髪の毛の薄いお客さんが自己申告することによって、宿…

    続きをみる




    営業は笑顔からはじまります

  • 追加
  • 営業というと、口八丁手八丁ができなくてはならないと思っている人も多いのではないでしょうか。 もちろん、口八丁手八丁で相手を丸め込むというような企業も、まだまだ残存してはいますが、これからの時代はそれではやっていけないです…

    続きをみる




    共通の話題がない

  • 追加
  • インターネットを通じていろいろな情報が手に入るようになり、テレビを観たり雑誌を買ったりしなくても、スマートフォンさえあれば世の中の話題にはある程度ついていけるようになっている最近ですが、年代の違う方々と話すときに、以前と…

    続きをみる




    仕事の向き・不向きとは?

  • 追加
  • 仕事の向き・不向きについて考えたことがありますか? 以前いた会社で、ある時そういう話題が出たことがあります。若者の就職難か何かの話からの流れだったでしょうか。すると、仕事を選ぶということについて、一人の上司からこんな言葉…

    続きをみる




    忙しい時ほど一度立ち止まってみよう

  • 追加
  • 先日、私はある失敗をやらかしてしまいました。 その日、私は営業で得意先回りをしていました。その日の予定は三軒あり、二件目で時間がかかって三軒目の約束時間に遅れそうになりました。駅までタクシーを飛ばそうと考えながら得意先の…

    続きをみる




    理想の社員像

  • 追加
  • 理想の社員像とは何か? 色々な企業において社員教育が行われていると思いますが、 そもそもどういった姿が企業が求める社員の理想の姿なのか? 例えば私のかつていたアパレル企業の話をさせていただくと 働き方(オンタイムの過ごし…

    続きをみる




    価格とボリュームのバランス

  • 追加
  • 食べ物を販売する量販店など小売店では、最終価格や内容量を非常に気にします。特に価格は低価格なら98円前後、平均価格なら298円前後、高価格なら498円前後と、お客が買いやすい価格設定にすることに重要視しています。また少子…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク