会社の利益を伸ばすには顧客のことを第一に考えるべき

  • 追加
  • アメリカの有名な実業家であるデール・カーネギーはある名言を残しています。
    それは「ビジネスで成功するために最も重要なことは、人からいくら取れるかを考えるのではなく、人にどれだけのものを与えられるか?である」です。

    この言葉は、ビジネスにおいて多くが頭に入れておくべきものと言えると思います。
    やはりビジネスは金銭的な評価が重要であり、売り上げや利益によって見方が変わる側面を持っています。
    したがって、多くの人たちは無意識のうちにそこを目指してしまうのでしょう。

    しかし、金銭をどれだけ集められるか?に意識が向いてしまうと、結果的に顧客の信頼を損なう結果になることがあります。
    それはつまり、お金を得ることに躍起になった結果、顧客にとって不都合な行動をとってしまう可能性が考えられるのです。

    そういった部分は短期的には会社の利益になっても、長期的には信用を失って、低迷するということがありえるはずです。
    だから、長期的な目線に立って、顧客の信頼を得るという形で利益の増大を目指すべきであり、そのためにはカーネギーの言うような人に何を与えるか?何をしてあげられるか?が重要になってきます。

    私たちは常にそういう意識を持って、仕事に取り組むべきと言えます。
    私は今後、会社に貢献するために何を目指すべきか?に関して、顧客の信頼を得るという部分を特に頭に入れていきたいと思っています。
    常にお客様の都合のことを考えて、仕事に取り組んでいきたいと思うのです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!