パラリンピックは、障がい者の祭典

  • 追加
  • 2020年東京で開催される国際身体障害者スポーツ大会の開催に向けて、さまざまな分野で準備が進められています。(※以下、パラリンピック)

    オリンピックで盛り上がりを見せた後は、パラリンピックでさらなる盛り上がりを見ることができます。
    オリンピックが健常者によるスポーツの祭典であるように、パラリンピックでは障がい者が主役の祭典となります。
    ハンディキャップを持つ身体条件で、練習で培った能力を限界まで引き出し世界の強豪選手たちが技を競い合う勇ましい姿を目撃できるのがパラリンピックの妙味です。

    パラリンピックの特徴は、オリンピックと違い競技数に対して種目の数が多いことです。
    理由は、同じ競技でも公平に行う目的で、障がいの度合いによりクラスを作っているから私たちは、選手の勇ましい姿をより多く目にできる訳です。
    基本的には、健常者と同じルールで進められますが、障がいの種類によって各競技に定めるルールが加わります。
    パラリンピックならではのルールは、健常者のオリンピックで知られているルールと違うところも、また違う観戦ができて楽しめます。

    それぞれの競技に挑む選手たちは、本番に向けて今持つ技や技術の仕上げ調整を進めていることでしょう。
    車椅子や、義手・義足のハンディをものともしない素晴らしい演技・競技を期待するとともに、私たちに感動と勇気を届けてくださるよう応援していきたいと思います。

    さあ、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでのカウントダウンが始まりました。
    今大会はどのようなドラマが生まれるか、また、私たちはそれを目撃できるのかが楽しみです。
    選手の皆さん、悔いのない演技・競技ができるよう切に願いエールをお送りいたします。

    「頑張れ!日本パラリンピック選手団!」




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!