新年の抱負

  • 追加
  • この時期になると、「一年の計は元旦にあり」ということで一年も目標といわないまでも、それなりの目標みたいなものを考える人もいるかもしれません。特に毎年多いのは、「今年こそは投資を始めよう」と年が明けると考える人というのが多いようなのです。

    しかし、投資をしたことがない人というのはちょっと困ったさん的な思考回路になってしまうことが多いので、ここでは少しそれに注意してもらう意味で少々アドバイスといいましょうか、忠告というほど大げさなものではありませんが、何か少しだけ経験者としていいたいと思います。

    まず始めにことわっておきますが、投資には正しい方でやったとしてもそれが必ずしも利益につながらないという事実を確認しておきます。多くの人は、正しい計算を使って、正しい答えを出すことができた人と、間違った計算方法で正しい計算をした人では、前者が投資では優れていると考えると思います。

    しかし、投資の世界ではそうでもないのです。つまり、投資の世界では正しい理論が重要ではなく、もうかったか、それとも損をしたのかそれだけが重要なのです。つまり、投資では会計上正しい数字を出した人が正解ではなく、自己流で利益をあげている人の方が正しいのです。

    なぜならば、投資というのは投資で利益をあげることが目的であり、正しい計算式を使って正しい答えを出すことが目的ゲームではないからです。

    これから投資を始めようと考える人はこのようなことを踏まえて投資に望まれるのがいいのではないでしょうかと私は思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!