英語は反射的に解く

  • 追加
  • 皆さんの中に英語が得意は人いますか。このように聞くと多くの日本人は自分から「私は英語が得意です。」なんてことはいいません。しかし、そのようににいわない人の中にも実は英検一級取得者だったり、TOEIC900点以上の人もいるのです。

    実は、私もこのような英語のテストではある程度いい点数をとったことがある人間なのです。しかし、私は留学なんてしたこともありません。私がやったことは受験英語をやっただけです。日本の受験英語は、英文法力を鍛えることに始まり、そして英文法に終わるといわれています。

    このようにいいますと、多くの人は「それだから日本人は英語を話すことができないのだ。」と声高に叫びます。しかし、受験英語が悪いのでしょうか。私はそのようには思いません。受験英語とは英語の理論を体に慣れさせる訓練でもあるのです。

    私がこのようにいいますと、多くの人は私が先ほど申し上げたことと矛盾するように聞こえるかもしれません。しかし、私の発言には寸分の矛盾もないのです。なぜならば、センター試験クラスの英文法の問題ならば見た瞬簡に答えを出せるくらいまで英語の勉強やりこまないと英語の点数を満足のいく点数まで引き上げることはできないのです。

    英文法の理論を身につけるとはこのレベルまで英語力を引き上げることなのです。つまり、受験英語くらいならばほとんどの英文を英文法で説明ができるくらいまで引き上げることが英語力を引き上げる近道なのです。

    つまり、英語で満足ができる点数をとるということは、ほとんど反射的に答えを出すことができるレベルまでなることです。間違っても試験問題を見て考えている時間は試験にはありません。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!