嫌いな仕事からでも得られるものを見つけられるか?が重要

  • 追加
  • 際コーポレーションという会社の代表取締役をしている中島武という人物は「嫌いな仕事であっても術を学ぶチャンスだと思った」という言葉を残しています。
    誰でも任された仕事が、自分にとって好ましくないと感じられる瞬間はあると思うのです。
    しかし、そういったときにそれを単なる面倒な仕事として捉えるか?それともチャンスとして捉えるか?というのは大きな違いを生むものです。

    というのも、嫌いと思える仕事からでも学べることがあるはずで、そういう姿勢で取り組むと、実際に何かしらの知識や経験を得ることができると思います。
    単なる面倒な仕事と捉えて、モチベーションを特に見出せずに取り組むと、嫌な思いだけが頭を占有しますから、いかに早く仕事を終わらせるか?しか考えられません。
    つまり、何も得るものがなく、無駄に時間を過ごすことになってしまう場合があるのです。

    嫌いな仕事を、やりたくない仕事を任せられると、人の気分ががくっと落ちるのはしょうがないです。
    しかし、そういった中でいかにモチベーションを見出すか?によって、今後のビジネスマンの能力に違いが出ます。

    私はどういう仕事をすることになっても、その仕事から得られるものがあるはずだと思い、知識や経験を少しでも得ようとする姿勢で仕事をしたいと思っています。
    嫌いな仕事を嫌いで済ませるのではなく、それもビジネスマンの能力を高めるためのチャンスだと思って、精一杯取り組みたいと考えているのです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!