睡眠不足を改善して会社への貢献度を高めよう

  • 追加
  • おはようございます。今朝は、私の経験なども織り交ぜながら、少し睡眠についてのお話をしようと思います。

    私はよく夜更かしをしてしまいます。その理由は色々ですが、ネットゲームに興じたり、SNSや趣味の読書や音楽、そして当然仕事の場合だってあります。そこで、夜更かし、即ち睡眠不足が体にどのような悪影響を及ぼすかを調べてみました。

    睡眠不足が体に良くないことは誰もが分かっていることですが、それでは具体的にはどのような影響が出るのでしょう。

    先ず、精神面への影響としては、ストレスが増大するため情緒が不安定となり、的確な判断が出来難くなります。また、認知機能が障害されるため、物事を思い出したり、記憶することが困難になります。さらには気分が変動して不機嫌で怒りっぽく、イライラが多くなります。

    肉体面への影響としては、免疫力が低下するため感染のリスクが増大します。また、新陳代謝が低下して肥満の原因となり、さらには血圧が高くなるために心臓発作や脳卒中を起こし易くなります。睡眠不足の常態化は慢性疾患の温床とも言われ、心臓疾患や腎疾患、糖尿病などメタボリックシンドロームとの関連も指摘されています。

    睡眠不足によるこれらの悪影響は、当然仕事への影響も甚大です。

    睡眠不足による精神的な悪影響は、社内での良好なコミュニケーションや的確な判断を鈍らせ、創造性や生産性の低下を招いてしまいます。

    睡眠不足による肉体的な悪影響は最悪、継続的な業務を困難とし、他の従業員への負担となるばかりか、その人の担当している業務の内容によっては、会社に莫大な損失を与えてしまう可能性すらあります。

    今回、スピーチのテーマとして、自分自身でも普段から機になっていた睡眠不足を取り上げ、色々と調べ知り得た事柄を教訓として、自分自身の健康管理の有り方を見直すと共に、会社への貢献度を今まで以上に高めていけたらと感じました。

    以上で私のスピーチを終わります。ご静聴ありがとうございました。




    関連ネタ & スポンサーリンク