インターネットサービスの使い方と業務

  • 追加
  • パソコンやインターネットというだけで、緊張してしまうという人はきょうび少なくなって参りました。とはいえ、私といえども、いざパソコンやインターネットについて説明してくれと言われるとドキドキしてしまうものです。

    この、ドキドキするというのが曲者で、緊張するし、よくわからないからそのサービスは使わないというのでは困りますね。

    業務ひとつとっても、インターネットを使えば簡単に済ませられるような内容が、手作業ではかなりの時間がかかってしまうということがあります。

    ひと昔前までは、アナログで無限に時間を使い、長々と仕事をすることが美徳のように思われてきたこともあったようです。最近は、そこまでの企業は少ないですが、それでもコンピュータを使いこなせていないせいで上手くいっていないこともあると思われます。

    新しいサービスは、勇気を持って使ってみるというエポックメイキングな精神も必要なのではないでしょうか。私も、ドキドキしつつも、使っていくうちに分かっていったこともあります。

    もちろん、インターネットに潜む危険性については十分理解していかなくてはなりません。しかし、怖いからといって使わないまま、勉強しないままでは、どんどん時代の波に取り残されてしまうのではないでしょうか。

    やってみる、その中で失敗はあるかもしれません。しかし、その失敗から学べることもあるのです。慎重さと大胆さを兼ね備えた仕事人間になっていきたいと思うばかりです。




    関連ネタ & スポンサーリンク